KUKUを振り返る忘年会

2018年12月18日(火) バレンタインドライブ(名古屋・今池)

臼井康浩さんの声かけで、1987年から2007年まで名古屋栄にあったKUKU(マスターは故・村上等さん 2013.6.27逝去)が名古屋即興シーンで重要な店であったことを再確認し、回想する忘年会が催されている。臼井さんの進行で、古田一晴さん、岡崎豊廣さん、ガイさん、鈴木茂流さんらのトークが行われているようだ。

自分は所用で出席できないけれど、自分の演奏記録を紐解き、いつ頃から誰と出演したのか整理してみることにした。(下表参照)

92年11月3日の大友良英さんのソロに、以前渋谷ジャンジアンの「地と図」で共演したよしみで飛び入りさせてもらったのが、KUKU初出演だった。以後、豊住さん、カンテーファンさん、故・副島輝人さん、大沼志朗さん、故・井上敬三さん、山内テツさんをはじめ、そうそうたる演奏家と共演できる機会を得たのもKUKUであった。バンドとしては、ディスロケーションとサマーディでの出演(当時はその二つしか所属してなかった)が多く、特にサマーディはKUKUで育ったと言っていいバンドだった。また、故・もQさんがこの店に残した功績は大きく、後にKUKUセッションと言われる土壌を築いてくれたし、若い即興演奏者にライブの機会を提供してくれた。勿論、マスターの村上さんのドラマーとしての求心力も大きかった。

当初地下1階にあったKUKUは、名古屋を襲った台風(何年だったかな?)のせいで、洪水が流れ込み、復旧が大変だったと聞いている。その後、いったんKUKUは閉店したが、村上さんの執念で同じ栄にあるビルの?階に、新しいKUKUができた。このころから自分は徐々にKUKUから遠のいてしまったが、即興セッションが盛り上がっていたと聞く。最後の閉店記念ライブ(2007年10月21日)には幸運にも出演させてもらった。

92年~07年までの16年間(小生36歳から51歳まで)出演回数52回。KUKUがあったから多くの演奏者と知り合え、今でも活動ができていると思う。本当にありがたいスペースだった。

KUKU演奏記録_000001