Review:柳川芳命ソロ@スキヴィアス

2019年4月19日(金) 特殊音楽バー・スキヴィアス(名古屋 納屋橋)

・柳川芳命(as)ソロ

※2nd stage 参加者:長坂均(tp)小林雅典(g) ガイ(ブズーキ・g)稲葉一将(ts)

演奏を始めた20代半ばの1980年頃は、共演者が身近にいないという状況のため、ギャラリーを借りてソロの自主コンサートを数回やった。また、2009年から2016年までカルヴァドスで続けたシリーズ『地と図』では、ときどき共演者の人選に行き詰って、ソロ+セッションという形でやったことがある。しかし、それ以後、「ソロ」と銘打っての演奏会はやってこなかった。それだけ今は共演者が豊富にいて、自分の周りに一緒にやってみたい人が満ちているという恵まれた環境にあるといえる。さらに、レギュラー化して継続的に行っているユニットもいくつかあって、そこでの共演の積み重ねからの収穫は大きい。今は自分にとっていい時代である。

たまにはソロでやってみる必要が自分にあるかな、共演者の力を借りず独力で聴いてくれる人たちに何かを与えられる演奏ができるんだろうか、という自己点検をしないといけない。そういう考えもあって、今年に入ってソロの機会を増やそうと思っている。場所はソロにふさわしいスペースということで、納屋橋にある「スキヴィアス」を選んだ。偶然にもこの4月19日は5年前に初めてこの店で演奏した日であった。

ソロで全編やるという手もあるが、あまり閉鎖的にならないように、セカンドステージからはセッションができるようなオープンなかたちにした。幸いにも上記の4人の方が参加してくれた。中でもしばらく演奏をやめていた稲葉一将さんが、かつてのような豪放なテナーの音で参加してくれたことは喜ばしいことだった。今後、また活動を始めてほしい。

さて、自分の演奏についてであるが、当日このところ酷使しているセルマーMark Ⅶの調子を見てもらおうと管楽器修理の店に持っていったところ、やはり預けて修理してもらう必要があるとのことで、セカンドのマルカートのゴールドプレートを使うことになった。預かり修理になる可能性も視野に入れて、この日は2本車に積んでいた。

マルカートのGPはしばらく吹いてない楽器だったのと、演奏を始めてちょっとしたらタンギングでリードの先端が欠けたため、音づくりにちょっと手こずった。共演者がいれば演奏中リードの取り換えはすぐできるのだが、ソロではそうはいかない。演奏を始めて18分経過してやっと「止めどき」が来たので、演奏を中断してリードを交換。そのあと11分ほど吹いてソロは終了。セカンドステージのジャムセッション後、ソロに納得いかなかったので、蛇足かと思ったが5分ほど吹く。

ソロは共演者を待たなくても一人で自在に演奏を展開していけるという利点がある。しかし、やっているうちにふと、「これを聴いている人は退屈していないか?」「しつこいと感じているのではないか?」「もっと刺激が欲しいと思ているのではないか?」「うるさいと思っているのではないか?」などなど、考えてしまう。スタジオで一人でやるソロとの違いはそこである。自分一人の世界に没頭していられるわけではない。疑心暗鬼になり、結果ああでもない、こうでもないと散漫な演奏に終わったり同じことを何度も繰り返してしまったりするような展開になってしまうことがある。

ソロはやはり厳しい。厳しいのであえてこの夏に、また同じようなプログラムでソロをやることにした。今回は演奏中の写真はないのでフライヤーを掲載。

57272119_2339043033043469_7624825852559097856_n57462716_2339042976376808_171019790930935808_n

20190419スキヴィアスソロ