Blog

Report : ysm+陽子@パノニカ

2022年1月22日(土) 岐阜神田町 洋食屋パノニカ

・ysm <柳川芳命(as) 鷲見雅生(el-b) 木全摩子(ds)>

・陽子(vo)

ysm で演奏するのは、2018年12月にハックフィンで開催された「Moto-Fes」に出場して以来である。この時はフェスの雰囲気もあってysmの約20分程の演奏もボルテージが高かった。自分としてはこのバンドで出し切ったという印象で、しばらく休んでいるうちにコロナの感染拡大の時期に入り、そのまま長期の休みとなった。ysmという形態で初の演奏会をやったのが、ここパノニカだった。

久しぶりにやるにあたって、ysmの演奏に風穴を空けるような人をゲストにしようと考えたところ、ドラマーの摩子さんが「陽子さんはどう?」という提案をしてくれた。そういえば我々の演奏をよく聴きに来てくれているし、パノニカのフリーフォームジャムにも参加してくれたこともある。パワフル突進型のysmの印象を塗り替えるにふさわしいと、頭の中の電球のフィラメントが輝いた。

当日、まず久しぶりのysmのセットをやり、その後私が抜けて、陽子+鷲見+摩子のトリオ。セカンドステージでは、陽子+柳川のデュオから始まり、鷲見+摩子のデュオに移行、最後に4人でやるというストーリーで演奏した。

ysmでは鷲見さんのベースがやや控え目な印象だったが、良く練られたフレーズのベースラインが、演奏に深みを与えてくれた。摩子さんとは蠍座二人組でアルバムを出したばっかりであるし、パノニカのセッションでも一緒にホストをやっているので気心知れたものである。3人とも力まず自然体のプレイで演奏が柔らかくなった気がした。

陽子さんは日頃ジャズボーカリストとして音楽活動をされているだけあって、フリーな即興で歌っても、ご自分のベースと言うかバックボーンから醸し出されるジャジーなフィーリングが魅力だった。観念的で「奇をてらう」ようなフリーインプロではなくて、その人のアイデンティティーが即興演奏にちゃんと反映しているところがいいな、と思った。おかげでysmのスタイルが鮮やかに変容した演奏会でありました。

後日、こんなことを思いついた。陽子さんの演奏パートナーであるピアノの仁田豊生さん(おふたりでDuo Hipposというユニットをやっておられる)が加わるとどうなるかな、即興組とジャズ組とのパワーバランスがとれて面白いんじゃないかな、と。まだ、誰にも言ってない。仁田さんがどう思われるかわからないし・・・。

Report : Yuz&Pine Willow@なんや

2022年1月12日(水) 名古屋 御器所 なんや

・谷向柚美(vo./electronics) マツダカズヒコ(gt) 柳川芳命(as)

約1年前(2021年2月)に、この3人で名古屋 庄内通の「Casa de la Luna」で演奏した。その時の演奏が面白かった(と言うか、自分には新しい局面が出せた)ので、『そうだ、あの3人でもう一度やろう』と思い立ち、二人に声をかけてセカンドギグが実現した。

マツダ氏も自分もドラマ―との共演をよくやっているが、そこからちょっと離れてアンビエントな音響世界に浸ってみたい。また、いわゆるノイズと言われるジャンルからも少し距離を置いて瞑想的な演奏をしてみたい。という思いがあった。

谷向さんのミラクルで変幻自在なボイスにエレクトロニクスのエフェクトがかかって、幽玄で、プリミティヴで、エクスタシーと怨霊が交錯するような世界(これはあくまで私個人の印象であって、谷向さんご自身はどう思われるかわからない)は期待どおりだった。

昨年末からマツダさんとの共演が続いているが、一緒に演奏していると、子どもの頃、おもちゃを一杯持っている友だちの家に遊びに行って、次々と目新しいおもちゃを出してきては楽しく遊んだ場面を回想する。この日も即興演奏が淀みそうになると、マツダ氏は新しいおもちゃを出してきて、『今度これで遊んでみいへん?』という感じで、目を(耳を)輝かせてくれた。

終わった後、また一緒にやりましょう、という言葉が誰からともなく出たということは、良い出来栄えの演奏会だったということでしょう。

音とライトドローのオーバーダブ・リレー

サックス/柳川 芳命  Saxophone / Homei Yanagawa

コントラバス/戸田裕久 Contrabass / Hirohisa Toda

ライトドロー/タキ ナオ Light draw / Nao Taki

■これらの作品は、サックス、コントラバス、ライトドローそれぞれがリモートで録音・制作した音・映像をミックスしたものです。

■ This work is a mix of sounds and images recorded and produced remotely by saxophone, contrabass, and light draw.

■ The production process of No. 1 is as follows. , Toda overdubbed the contrabass performance by listening to the recording of Yanagawa’s saxophone performance, and Taki made a light draw by listening to the recording.

■ The production process of No. 2 is as follows. While watching the image of Taki’s light draw, Yanagawa and Toda each performed improvisation at home, and overdubbed each recording was made into the BGM of the light draw image.

Report:2021年10月の演奏会

先月末に左足の親指にひびの入る怪我をした為、鈴木泰徳さん企画の「即興の森」(梅田オールウェイズ)、あかぎしほさんとのデュオ(大阪SATONE)、フリーフォームジャム(岐阜パノニカ)は残念ながら出演ならず。

■10月8日(金) 今池バレンタインドライブ

約2年ぶりの顔合わせ。宮本さんの体調が良くなったと思ったら、自分は足のケガでベストコンディションでは臨めなかった。しかし、内容は充実していたと思う。

1)宮本隆(b)+柳川(as)

2)マツダカズヒコ(g)+宮本隆(b)+木全摩子(ds)

3)木全摩子+柳川

4)マツダカズヒコ+木全摩子<せーまんどーまん>

5)宮本隆+マツダカズヒコ+柳川芳命

6)全員

という流れで、短めのセットをいくつか組んだのは、長時間の演奏に足が耐えうるかどうか懸念していたためであるが、最後の全員でのカルテットは、長年やっているユニットのような阿吽の呼吸の全即興だった。初めからこういう風にやればよかったかな、と思ったが、それまでの色々な組み合わせのセットがあったからこその集大成的カルテットだったのかとも思う。このカルテットでの演奏の録音、公開するに値する出来だった。

■10月22日(金) 日本天狗党 中部~関西3デイズ 

今年は、インテルサットをツアー初日にして野道幸次さんとのデュオ「晩譚」が対バンで出演

日本天狗党の結成時期と、インテルサットの開店時期はほぼ同じ。どちらもまもなく50年になる。こういう老舗の店で、70年代半ばから活動してきたフリージャズユニットの演奏を聴いてもらえるのは嬉しいことだ。自分は天狗党の演奏を77年あたりから渋谷プルチネラで聴いてきて、長野県上田市のR山荘での合宿にも参加してきた。40年以上関わらせてもらってきたわけである。改めてオリジナリティーあるサウンドを、ぶれることなく確固として築き上げてきているのには驚嘆する。

「晩譚」で野道さんとデュオをやるのは久しぶりだが、相手の音に合わせているようで合ってなく、合わせてないようで合っている不思議な関係性のデュオである。お互いの自立心と協調性の混ざり具合が絶妙なのだろう。とても素直にやっているとこういうデュオになるのだと思う。

■10月23日(土)2日目は「放心団」「柳川+中島直樹+Meg Mazaki」の2バンドの演奏と、日本天狗党の3本立てで、京都のアニーズカフェで開催。「放心団」のミステリアスなサウンド空間は注目すべきである。おそらくライブのたびに異なる表情をみせることだろう。今、関西で一番気にしてほしいユニットだと思う。

続いて中島直樹さん、Megさんとのトリオ。このトリオは天狗党の中部・関西でのツアーでは何度も対バンで出演している。中島直樹さんのセンスの良さのおかげで、このトリオの演奏はハズレがない。毎回充実感ある即興演奏が出来る。この日の録音も世に出しても恥ずかしくない内容である。

トリを務めた天狗党の約40分の圧巻のパフォーマンス。この日もノーマイクでライブを行うという一貫した姿勢をみせてくれた。今でも野外で公開演奏をしているという天狗党のストリートファイターの精神は心を打つ。

■10月24日(日) 最終日 酒游舘にて

富山の谷中秀治(contrabass)さん、滋賀の井上和徳(ts)さん、Megさんとのカルテットで自分は演奏。酒游舘というスペースで存分にダイナミックなパフォーマンスをやってもらおうと、名古屋から後藤宏光さん、タナカえんさん、Kaoruさん、月姫うさぎさんの異彩を放つ4人のパフォーマーを招き、いつでも、どこでも、誰とでも自由に演奏に関わってもらう。

今回のツアーで、富山の谷中さんを天狗党と引き合わせられたのは良かった。それぞれニューヨークでの滞在歴もあり(その時期はズレてはいたが)、そこでの体験が今の演奏に大きく影響している点では共通する。きっと共感するものがあるだろうと思った。天狗党の演奏の爆発力は、酒游舘の音響でこそ最大の魅力を発する。聴いていて陶酔感が得られる。

さて、この4人のパフォーマー。人間関係は出来あがっているとはいえ、4人が同時にステージに立つことはめったにないことである。初めてかもしれない。1×4が4にとどまらないエネルギーが酒游舘に満ち溢れた。ひと口に身体表現といえども、4者4様の志向性があることもよくわかったし、それが同時進行すると、このような狂乱の空間が生まれるのかと圧倒された。

我々、井上・柳川・谷中・Megのカルテットは、3つのパートに分け、いろいろなデュオのパートを作った。サックスとドラムのデュオでは、Megさんの粗削りながら相手の呼吸に繊細に、鋭敏に絡むドラミングがj光っていた。井上さんのブローは回を増すごとにアクティブに共演者に切り込んでいく。

谷中さんのコントラバスは、知らず知らずのうちにホーン奏者のエモーションを挑発し、その気にさせ、気づいた時にはその掌に乗せられて吹いている、という感覚になる。「ひとたらし」のプレイであるなあ・・・。

■10月29日(金)蠍座二人組(ゲスト:PUYO)

摩子さんの手書きフライヤーにあるように、蠍座の性格は「真面目に力強く目的に向かって真っすぐ進む。パフォーマンスは派手ではないが心の内にパッションを秘めて、一度目標を定めたらどんなことがってもひるむ事なく・・・」そうである。いささか買い被りの感もあるが、秘めたる情熱がパフォーマンスで醸し出されているなら嬉しいことである。

さて、この日は数日前からソプラノサックス1本でやろうという思いがって、そうしたわけであるが、このサックスは亡くなった鶴田哲也さんの遺品を奥様の杉山和こさんから譲り受けたものである。あまりライブで吹いていないのは、楽器としても、持ち主だった鶴田さんにしても残念なことだろうと思い立ち、いっそのことアルトから離れてソプラノ1本でやっていこうか・・ということも真剣に考えた。そうなるかどうか先の自分のことはわからない。最後になんやの店主PUYOさんにアルトサックスで入ってもらってトリオでやったが、普段はアルト同士での共演が、アルト+ソプラノとなり、音色の違い、音域の違いが良いコントラストになった。

下の写真を見ると、PUYOさんとやっているときの摩子さんは、とてもにこやかで優しく、上の写真とはずいぶん違う。まあ、別にいいけど・・・(笑)

いつもライブレポートをフェイスブックに投稿してくれているPUYOさんの言葉を抜粋して拝借。(以下)

「この日は、柳川さんソプラノサックスで参戦。音が鋭くてとっても良い。展開力もいいなあ。木全さんは、場面の切り替えがいい。スコスコっと変わって小気味よかった。最後に私も参加。久しぶりの完全即興で楽しくおもしろかった。」

Report:後藤宏光・月姫うさぎ・KAORU・吉田崇・柳川芳命@なんや

2021年9月19日(日) 名古屋・御器所 なんや

・後藤宏光 performance/三線

・月姫うさぎ performance/大正琴

・KAORU 琵琶

・吉田崇  percussion/synthesizer 柳川芳命  alto-sax

身体表現のパフォーマンスと即興音楽のコラボレーションは、名古屋シーンでは特に珍しいことではなく、自分が活動を始めた80年代から脈々と実践されてきた。しかし、今池の「海月の詩」(すでに閉店)という浅井一男さんの店が出来てから、新しい顔ぶれのパフォーマーがこの店に集結し始め、名古屋では面白いシーンが復活した。後藤宏光さん、月姫うさぎさん、KAORU(かおりん)さんの他にも、タナカえんさん、サイン加藤さんなど、注目すべきパフォーマーが今活躍している。(他にもいると思うけど、御免なさい。自分が共演した人に限っての話です。)

今回の出演メンバーは、当初富山市の野外即興フェスに参加する予定だった。が、残念ならがコロナ禍の緊急事態宣言・まん延防止措置などで、フェスが見送られたために、この日が暇になった者たちである。富山のフェスには大阪、神戸、滋賀の出演予定者もいたが、名古屋が緊急事態宣言中なので、遠方からの方を除き、東海三県で出演可能な人に出演依頼をした。

結果、パフォーマンスをメインとする人3人(後藤・うさぎ・KAORU)、演奏をメインとする人2人(吉田・柳川)という出演者になった為、パフォーマーをメインにしたステージ構成にしようと思った。当日、三線(後藤)、大正琴(うさぎ)、琵琶(KAORU)を持参して集まったパフォーマーは、ビジュアル面だけでなくサウンド面でも吉田・柳川の演奏に色を添えてくれた。それぞれの邦楽器との共演も、とても面白いものになった。

当日のプログラムは以下の写真の通り、20時閉店の為、早めの17時に開演したら時間が余ったので、最後は全員参加のセットで締めくくった。

★なんやの店主PUYOさんの感想

演奏の柳川さんと吉田さんが固定して、その上で3人のパフォーマーが一人ずつやる、という3部構成。後藤君は、いろんなことを気負いなく、なんだか自然に見せてくれる日常性のゆったりとしたライブだった。あんな日常はないんだけれどね。日常の要素がね、あった。月姫さんは、美しく構成されていた。しっかりと決まってくる好演。ビシッとしていた。なんや初のKaoru君は、なんと琵琶の演奏だけで踊りは無し。演奏だけでのライブは自身初とのこと。琵琶の音はとてもよくて、独特の感覚を呼び覚ます。琵琶とサックスが全く逆の方向を向いている感じがした。吉田さんがその間を埋める。そんな演奏。音部門の二人は、パフォーマーとの絡み交換具合が、素晴らしかった。最後は、全員で。

★出演者のKAORUさんより

厳しい世情と台風などお足もとが悪い中、たくさんのお客様がご来場くださいました😭感謝感激でございますっ🙇✨柳川さんの提案でパフォーマー1人×演奏家2人のTrio構成で、パフォーマーを交代して3部やるということになりました🎶3人のパフォーマーは打合せをしたかのように皆楽器を持参しており、演奏を交えたパフォーマンスになりました✨後藤さん、うさぎちゃんは熱の入ったパフォーマンスでお客様をガッツリ引き込んでいました✨かおりんは初の琵琶パフォーマンス!技術はまだまだですが様々な表現を駆使し超絶楽しくやらせていただきました🙇柳川さん、吉田さんは出ずっぱりのタフなLIVEだったと思いますが、奏法はもちろん場面転換や場の読み方がさすがで、なんや2階のお客様、演者全てを魅了しまくっていました✨ラストに追加で全員でセッションし、めちゃめちゃ楽しかったです✨そして1部終わるごとに拍手喝采で盛り上げてくださったお客様のおかげでたいへん楽しい夜になりました😆✨楽しい企画をしてくださった柳川さんありがとうございました🍀出演者の皆さんお疲れ様&ありがとうございました🍀「なんや」店主ぷよさん、スタッフ蘭ちゃんありがとうございましたっ🙇✨最後に重ねましてご来場してくださったお客様の皆さま、本当にありがとうございましたーっ🙇🙇🙇✨

*********************

3人とも、畳1~2畳ぐらい限られたスペースの中で自分の世界を創り上げるのはさすが!日常行為とアートとエンターテイメントのボーダーを取り払って、新しい試みで観客を惹きつける後藤さん。優雅で華やかなバリ舞踏をベースに、電気大正琴を楽器というより独創的な音具としてパフォーマンスの一部として扱ううさぎさん。日頃は躍動する身体のダイナミズムで魅了しているが、この日は琵琶(電気で増幅)の演奏に専念して、幽玄な音響空間を創り出したKAORUさん。三者三様の世界を堪能した。

それにしても吉田崇さんは、ジャンベとシンバル、シンセサイザーに時々ボイスというシンプルなアイテムで、本当に自由にしなやかな即興演奏をやるなあ・・・。表現にこわばりが無いところがいい。

<写真は、中嶋貴士さんとなんやのPUYOさんから拝借しました。ありがとうございました。>

Report 野口UFO義徳+齊藤直子+柳川芳命@なんや

2021年9月5日(日) 名古屋・御器所 なんや

野口UFO義徳(djembe/symbal) 齋藤直子(as) 柳川芳命(as)

「緋連雀」というトリオのユニットで、なんややインテルサットでお馴染みの二人である。今回、UFOさんと齋藤さんのコンビネーションに割り込む形で参加させてもらった。UFOさんとは久しぶりの共演。むしろ齊藤さんとの共演のほうが最近は多い。と言っても2回ぐらいか?

UFOさんのセットは、ジェンベ1つとシンバルが3枚だったかな?きわめてシンプルな打楽器編成である。ドラムセットとは全く世界が違うと思った。ドラムセットは「セット」というだけあって、いろいろな鳴り物がバランスよく配置されているので、装飾的な効果もある。それに両手両足の4つの音を同時に出せる。それに対してUFOさんのセットでは、使うのは両手のみで、デコレーションをそぎ落とし、剥き出し、丸腰、シンプルの極みの演奏スタイルになる。そうなるとビート、パルスの変化の面白さで勝負するしかない。自分もソプラノとかアルトとかクラリネットとか、いろいろな管楽器を並べて、取り換えては吹くというのが向いていなくて、今日はアルトのみ、今日はソプラノのみ、というように選択肢をつくらないやり方がのほうが性に合っている。(それにたくさん楽器を持ち運ぶのはイヤ)なので、こういったシンプルなスタイルでやり抜こうという姿勢に共感する。それにしてもUFOさんのジェンベの打音は、体を射抜かれるような強靭さがある。意志の強さそのもののようだ。

齊藤さんのサックス演奏について、同じくアルト奏者のPUYOさんは、こんなことを書いている。

齋藤さん、ちょっと変わったサックス吹きかな。ゆったりマイペース感があって自然体な感じ。喜びがあふれる音。

なるほど。自然体で即興演奏ができるというは素晴らしいと思う。人を惹きつけようと気負うとかわざとらしく演じるとか、聴かせどころを作ってアピールするとか、そういう作為的なところが演奏行為から見えると、聴いている者は引いてしまう。齊藤さんは溶媒のように共演者の音を溶かし込んで混ぜていく感じかな・・・。そういった「やわらぎ(和らぎ)」のある演奏は、年月を超えて、共演者の個性を超えて、長く新鮮さを保てるような気がする。

そんな、齊藤さんの演奏後の感想は以下のとおり・・・

(前略)1stセットはDUO×3。この2年、一緒に活動してきましたが、野口UFOさんとのDUOは初めて。色々発見があり、今後に繋げたいと思いました。柳川さんとのDUOは、2年ぶり。前回とは全く違うものだったと思います。読み合いや間合いなどは前回の感触を思い出しましたが、サウンドは違う。面白いなぁと思いながら吹きました。柳川さんとUFOさんのDUOは、もっと聴いていたかった!

2ndセットは3人で。「こんな編成は初めて」と柳川さんも仰っていましたが、確かに無いと思います。この編成ならではの面白さと難しさを感じながら吹いていました。コロナ禍により、ライブが延期や中止になり、大先輩と演奏させて頂く機会も激減しているので、今回、柳川さんとご一緒させて頂いた時間は本当に貴重なものです。同じアルトなので、勿論ビビりますが、音圧のかけ方やフレージング等、ライブの場で感じることはとても大切。2年前より貪欲になったなぁと思いました。(以下、省略)

同じ楽器同士のデュオだと、勝ったの負けただのと、どこか張り合うようなところがあって(そういう心の貧しさから脱皮したいのだが・・・)、結果いい音楽になっていないケースがよくある。そういう過ちに陥らないで済むのは、齊藤さんの演奏に臨む姿勢のおかげだろう。

写真撮影は堀川務さん。今回もかぶりつきで聴いていただき、ありがとうございました。

Report せーまんどーまん(マツダカズヒコ+木全摩子)/ 柳川芳命@パノニカ

2021年9月4日(土) 岐阜市神田町 洋食屋パノニカ

・せーまんどーまん<マツダカズヒコg+木全摩子ds>

・柳川芳命alone(as)

コロナウイルスの影響で緊急事態宣言等が各県で出され、そういった状況を考慮したMeg Mazakiさんが出演を見合わせたため、「After It’s Gone」は柳川のソロとなった。

<柳川のソロ><せーまんどーまん><合同セッション(トリオ)>というメニューで、20時閉店に合わせてステージを組んだ。

この日、摩子さんのドラムスクール関係でエレキギターを演奏する中学1年生男子とそのご両親がお客さんとして来られた。おそらくこういう自由即興の音楽を聴くのは初めてだろう。期待していた音楽が演奏されず、何とも訳の分からない演奏を聴かされるのは苦痛だったろう。しかもチャージまで払って・・・。特に、アルトサックスの無伴奏ソロなどという普通にない演奏形態で、思いつくまま自由気ままに20分吹奏するのを聴くのは期待外れではないか?などということを気にしながら演奏していると葛藤に満ち溢れた即興演奏になる。

しかし、考えようによっては、そういう状況にあって戸惑いながら演奏するのも即興であり、そのことは演奏の質が下がるのではなく、演奏の質が変わるのだ、と思えばいいことかもしれない。迷いの中での演奏だったが、サウンド的にはまずまず満足のいく音色が出たので、それで良しとしよう。

<せーまんどーまん>の二人とは、それぞれ自分との共演も多いので、この二人のデュオだとどうなるかな?と興味深く聴いていた。二人がそれぞれ自分のスタイルで疾走し始め、ときおり立ち止まって、お互い向き合って何やら応酬し合い、またそれぞれ緩急を凝らしながら疾走していく。それは聴いてとても爽快だったしドライブ感もあった。マツダ氏が途中でギターをやめて、昔懐かしい「オタマトーン」を演奏したのは快挙だった。オタマトーン恐るべし!である。

さて、この日のお客さんの中で、先に述べた中学1年生の男子のことがとても心に残っている。とても魅力的な雰囲気を醸し出している神秘的な少年であった。ギター演奏ではエリッククラプトンとかリッチーブラックモアのコピーなどをしているという。クリームとかディープパープルと言えば60年代末から70年代前半が全盛期である。今から約50年ほど前のことだ。自分も学生バンドで「サンシャインラブ」だの「ホワイトルーム」だの「ハイウェイスター」だの、嬉々として演奏していた覚えがある。現在13歳の中学1年生が50年前の音楽を演奏していることになる。これを自分に置き換えるなら、自分が13歳の頃(1969年、昭和44年)の50年前と言えば、大正時代である。果たして中1の頃の自分は、大正時代の音楽(西洋音楽も含め)をやってみる気になっただろうか・・・?

クリームやディープパープルと言ったロックの古典を演奏するのも悪くないことだが、時代の最先端のギター演奏にも触れて欲しいものである。灰野敬二さんや大友良英さんや内橋和久さんの演奏を中学生が生では聴くのは難しいが、マツダカズヒコ氏の演奏をこの日に聴けたことは、大きな刻印が彼の脳裏に刻まれたのではないだろうか。彼が何年か経って「そういえば中1の頃パノニカという店で奇妙なギター演奏を聴いたな・・・ああいう自由な演奏を自分もやってみたいな」と思えばしめたものである。

この写真撮影は中嶋さんかな?いつもありがとうございます。

Report TIO即興セッション#9

2021年8月21日(土) 滋賀・大津 Baar Musica TIO

参加:小松バラバラ、Misaki Chizuru、八田麻住(voice / performance) 松原臨、井上和徳(sax)  ちあきひこ(g) 、哲太陽(b)、中島直樹(contrabass) ■ホスト:Meg Mazaki(ds)、柳川芳命(sax)

今回はコロナ禍にあって、参加しにくい世間の状況でしたが、店の完璧な感染対策のもとで、上記の方が参加してくれました。今回は、ちあきひこさんと、彼の斡旋でMisakiさん、八田さんの初参加や、久しぶりに再会した中島直樹さんの初参加もあって、内容は充実したものでした。

写真撮影は、中嶋貴士さん、小松バラバラさん、Meh Mazakiさん。ありがとうございました。