Blog

Review:蠍座二人組(木全摩子・柳川芳命)+Maresuke@GHOST V

2019年12月7日(土)岐阜 長住町 Jazz GHOST V

・木全摩子(ds)    ・柳川芳命(as)    ・Maresuke(contrabass)

木全摩子さんとのデュオは、2016年8月に名古屋御器所の「なんや」で初の公開演奏を行った。(同年の4月からスタジオでの非公開セッションは行ってきた。)そして、昨年2018年12月に改めて「蠍座二人組」としてゴーストVでデュオを行い、以来、毎年12月にはゴーストVにてデュオを行っていくという計画を立てた。摩子さんは1年間の自分の成長を確かめるため、という思いで臨んでいる。この日はその2回目である。そこに東京からツアーで名古屋に来ているMaresukeさんに入ってもらい、3人で演奏することになった。摩子さんとMaresukeさんは、以前にも共演しているが、この日は久しぶりの共演となる。

まず、「蠍座二人組」として、摩子さんとデュオを行う。約16分の凝集度の高い演奏だった。お互いが相手の出す音を待って(聴いて)レスポンスしていくのではなく、それぞれ自由に自分の即興を展開していきながらも、深層部で共鳴し合っていくようなデュオになってきた。摩子さんのドラムはしなやかでフットワークよく、そして明るい。昨年12月の蠍座二人組の演奏より、お互いりきむことなくのびのびとやれたのではないかと思った。

2曲目からMaresukeさんに入ってもらう。Maresukeさんは久しぶりのゴーストVでの演奏で、地元のお客さんにとって初めて彼の演奏を聴く人もいることもあり、コントラバスの音に注目してもらえるよう、出だしはサックスが引っ込んで摩子さんとのデュオで始めてもらった。このデュオは、ふたりの間合いの取り具合が面白く、絡みつき過ぎず、疎遠になり過ぎず、という感じで、それぞれが自在に遊泳しているように思えた。途中からサックスが加わりトリオへ。自分に関しては、息の切れ目から次の息を注ぎ込むまでの間の取り方を意識してみようと思った。Maresukeさんも摩子さんもこれまで何度も共演してもらっている相手なので、気持ち的にはゆとりが持てる。ゆとりというより信頼感かな。(初共演の人だと、ついつい自分は音を次から次へと出してしまい、間を詰めてしまうところがある。それは、会話に置き換えると、まだ信頼感がない人と会話するとき、沈黙が生まれるのが怖くて喋り過ぎるのと似ている。)

セカンドセットは3人で始め、どの演奏場面も同じような「金太郎飴」のごとき三重奏にならないよう、自分が黙る場面もそれぞれがつくりながら約35分ノンストップで演奏した。即興百戦錬磨のMaresukeさんのことなので、クライマックスにもっていって大団円で終わるというような作為的でベタな展開(勿論そういう演奏の終え方も彼は心得ていると思うが)はしない。まるで突然死のような終わり方で、3人の考えていることが偶然に一致したかのようなさりげないエンディングで良かった。

プレゼンテーション1

 

 

 

Review:いぶし銀:Maresuke+森順治+野道幸次+柳川@なんや

2019年12月5日(木) 名古屋・御器所 なんや

Maresuke(contrabass)   森順治(as,fl)    野道幸次(ts)   柳川芳命(as)

野道さんの企画で、この日と翌日のインテルサットでのライブに、東京からMaresukeさんと森順治さんが名古屋に降臨。

この日は、サックス3人とコントラバス1人という編成。4人全員で決め事なしの全即興をやるということはなかなか難しい。楽器編成にに偏りがある。しかも一国一城の主のようなサックス吹き3人。「船頭多くして舟山に登る」とはよく言ったものだ。

ファーストセットは、Maresukeさんが観客役になり、サックストリオで始めた。それが予想外に延々と続き、いつ終わるのだろうと不安になった頃に、Maresukeさんがコントラバスで入ってきてようやく最初の場面転換を迎える。それを機に自分が抜け、次に森さんが抜け、野道さんとMaresuke さんのデュオになる。そのあたりから何となくこの先の流れが見え始めてきた。自分が入って野道さんが抜け、自分とMaresukeさんのデュオになる。森さんが入ってきて自分が抜け、森さん(フルート)とMaresukeさんのデュオ・・・・と、まあこういう感じでデュオパートが出来て、なかなか変化のある展開になってきた。こうして各自が状況判断して出たり入ったりしながら、約60分の演奏が終わる。

セカンドセットには、店主のPUYOさんも加わり、サックス4人、ベース1人という5人で、これもまた何も決めずにスタート。5人の決め事無しの全即興はさすがに厳しい。しかもサックスが4人。こういう楽器編成で何も決めず即興演奏をやるのは初めてだ。まあ、やっているほうは面白いかもしれないが、聴いている人には、ただ起伏の無い音の垂れ流しに思えるだろう。何か場面転換が必要だろうと思って自分が抜けた。以後、野道・森・PUYOの3サックス+1コントラバスで演奏が進みそのまま演奏は終了。こちらは約30分。お疲れさんでした。

78186197_469225410376181_1673476076367511552_n

 

 

Review:宮本隆・マツダカズヒコ・木全摩子・柳川芳命@Valentinedrive

2019年11月28日(木) 名古屋今池 バレンタインドライブ

宮本隆(el-b)   マツダカズヒコ(el-g)   木全摩子(ds)   柳川芳命(as)

11月28日は、「太平洋記念日・・・1520年のこの日、ポルトガルの航海者マゼランが、後にマゼラン海峡と命名される南米大陸南端の海峡を通過して太平洋に出た日」と、いうわけで、Pacific Advanceと名付けたこの日のセッション、大阪から宮本さんを迎えるにあたって、上記のメンバーが面白いだろうと声をかけた。

さて、宮本さんとはどういう経緯で共演するようになったのだろうか?整理したところ以下のようであった。

2016.5.2. 心斎橋のBASSOで開催された「Perspective Emotion」で初めて出会う。

2016.7.22 名古屋のなんやで行われた「トリオ祭」にそれぞれで出演。再会。

2016.7.30 大阪の創徳庵にてデュオで初共演。

2016.9.17 大阪の難波屋で、宮本隆+木村文彦+柳川のトリオで共演。

2017.12.20 名古屋のバレンタインドライブで、宮本隆、マツダカズヒコ、Meg Mazaki,、柳川の「MMMYプロジェクト」で共演。

2018.3.9 バレンタインドライブにて、「此の四人」と「宮本隆+向井千恵+一談」の交流セッションで共演。

2018.3.24 近江八幡の酒游舘にて、「レモンのテロル」(マツダカズヒコ+Meg+後藤宏光+柳川)と「3ミラーズ」(宮本隆+石神加寿也+木村文彦)で出演。

2018.7.15 神戸のビッグアップルでの「Perspective Emotion」にそれぞれ出演。

2018.7.17 大阪のゼロゲージで、「坂田明+ニコラスフィールド」と「宮本+柳川」で出演。

2018.9.9 ゼロゲージにて、「Trespass Trio」との対バンで「宮本隆+Meg+柳川」のトリオで共演。

2018.11.25 酒游舘で、AAの遺産「宮本+マツダ+Take-Bow+Meg+後藤宏光+柳川」で共演。

2019.8.10 難波ベアーズでの「アブストラクト・ミュージック・ミーティング」にそれぞれのユニットで出演。

初共演からもう3年以上たっているのだな。それに結構回数を重ねている。年月の過ぎるのは速い。

この日のメンバーでの即興演奏がどんなものになるか、ある程度イメージが出来ていた。それは、今年の7月に宮本さんを除く3人でバレンタインドライブでやった演奏に手ごたえあり、今回はそれを土台にしたメンバー編成だったせいもある。この日実際にやってみて、凝集度の高い、それでいてヴァリエーションに富んだ展開の即興演奏ができたと思う。

ファーストステージでは、あらかじめ何も決めず4人で始めたのだが、その中で各自の判断で演奏に出たり入ったりすることで、自然な流れでトリオやデュオ、ソロになる場面が生まれ、約33分の演奏がドラマのようだった。

セカンドセットは、ベースソロからベース+ドラムのデュオ、その後ギター、サックスが順次加わるという大まかな筋書きで演奏を進めた。宮本さんと摩子さんのデュオ場面では、オンビートでのタイトな演奏になり、日頃の自分の即興演奏ではほとんどやることも聴くこともないシーンが生まれた。セカンドセットも、うねりの大きな展開になり、途中「もう終わりかな、まだ続くのかな?」と他のメンバーの意向を探りながら進める場面もあったが、その間の淀んだ場面も、聴く人たちに弛緩を与えるものになった(かもしれない)。こちらは37分ほどの演奏だったが、4人の音が非常にクリアで、各人がこれまでどんな音楽を聴いて(演って)今日に至っているのかがわかるものだった。これだからフリーフォームの即興演奏は面白い。履歴が隠せないからである。

★宮本隆さんがフェイスブックに投稿された言葉を引用させていただいた。

PACIFIC ADVANCE<柳川 芳命(as)マツダ カズヒコ(g)宮本 隆(b)木全 摩子(ds)>@バレンタインドライブ名古屋終了。初共演となる摩子様(柳川氏がそう呼んでいる)のロック的な縦に刻まれるヘヴィなリズムに乗ったスリリングな即興であった。マツダ氏の引き出しの多彩さ、柳川氏の号砲と神秘さが交差する独特のサックス音に心地よさを感じ、4人で様々な場面を作れたと実感。今、録音音源を聴いているが、思ったより立体的な音像が聴こえてくる。私とマツダ氏がエレクトリックなので、フルボリュームになった時のサックスの溶け込み具合もいい。サックスという‘うわもの’だけが前に突出せず、サックス、ギター、ベース、ドラムの四つのパートのどれもが、交互に前後しながら演奏が続いていく結果になっている所が気に入った。初の組み合わせの4人だったが、音の相性というか4つのパートの必然を感じさせる演奏にも感じ、またやりたいと願っている。バレンタインドライブの音の響き方もほどよくデッドでやはり好感。平日にも拘らずお客さん結構来てくださり、充実のライブでした。

78634263_2740142512764639_2884477186767585280_n

 

 

Review:Spin-Off but On@K.D.Japon

2019年11月25日(月)名古屋・鶴舞 K.D.ハポン

BaBaQue mode (ホソイヒサト・アリスセイラー)

Heteroduplex (五十嵐義秀 × NascaCar中屋浩市)

dislocation (岡崎豊廣・ガイ・森公保・柳川芳命)

どういう企画だったのかは、フライヤーの右半分の口上の通りで、3つのユニットが出演した。このうち、アリスセイラーさんとはナカツカカナコという名前で「アマリリス」で活動していた頃に一度共演している。忘れもしない1984年1月29日、場所は京大西部講堂だった。<POOL1>という石橋正二郎さんの企画だったと思う。(違っているかもしれない。岡崎さんが詳しい。)いくつかバンドが出た中で、岡崎、柳川、服部一郎、ナカツカカナコの4人で、<Pulsschlag>というシリーズ(メンバーは岡崎さん以外は可変)で出演した。そのVHSのテープは今でも残っているはずである。ナカツカさんは鼻歌を歌いながら何か棒を振り回しながら電子音を出すパフォーマンスだった。それに岡崎さんはエレクトロニクス、柳川はサックスとチャルメラ、服部一郎くんはドラムスをメインにベース音のリフを流しながら演奏していた。(彼のバンド「リメディ・コントロール」のその後はどうなったのだろう?35年も前の話だ。)

終演後、雪の降る中、京都から車で名古屋のほうに帰った。雪がひどくなったので運転していた服部君が「チェーンを着ける」と言い出し、真冬の真夜中に道路わきで雪に降られながらチェーンを着けた。ほとんど朝方に帰宅したとき、同居していた祖母の弟さんが老衰で亡くなっていて、翌日はあわただしい日になった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

音も残っている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アリスセイラーさんとはその後ずっと疎遠だったが、このような形で再会できたのが嬉しい。トップにディスロケーションが35分ほど演奏。いつものディスロケーションである。たまにしかやらないので、前回の演奏の印象が消え去った頃にやるためか、毎回自然体で臨める。途中で森さんがリズムパターンを出してきたのは今まであまりなかった気がするが・・・。とにかく「今までの演奏」という記憶が薄れているのは、即興演奏にとってはいいことかもしれない。前の演奏の記憶が鮮明に残っていると、それとは違うことをやろうという意識が邪念になることがある。

この後に出たBaBaQueは、不思議な新鮮さのあるバンドサウンドだった。今まで見たことないようなアニメーションの映像も魅力的で、摩訶不思議な電子音響(ベース)や歌、サックス、朗読などが奇妙に絡んで面白かった。これはホソイさんワールドなのかな?(チルドレンクーデターでの活動もお馴染みの方)

最後に出たHeteroduplexのお二人は、この日初めての組み合わせだったそうだ。ノイズミュージック(という呼び方が妥当かどうかわからないが)の音が非常に洗練されていて透明感ある音質で、中屋さんのテルミンともどもクリアーに耳に入ってくる心地よさがあった。

20191125アリスセイラー企画@ハポン

Review:MUK+柳川@Zac Baran

2019年11月21日(木) 京都・熊野神社 ZAC BARAN old & new

MUK <Take-Bow/g   Kei-K/ as   Meg Mazaki/ ds>+柳川芳命/as

UK : Take-Bow+Kei-K

MU : Take-Bow+Meg Mazaki

MUK : Take-Bow+KeiーK+Meg Mazaki

と、組み合わせによってユニットの名称も変わるが、このTake-Bow、Kei-K、Megの3人の組み合わせは、確かな人間的な関係のもとで、以心伝心で演奏ができる。このMUKに+1で参加させてもらった。Kei-Kさんとはこの3人の中では一番古くからの親交があり、Megさんとはデュオシリーズや怪談などでこの3年ほどで一番回数多く共演している。Take-Bowさんとは付き合い始めてまだ日が浅いほうだが、今年デュオのCD『密儀』をリリースした。

そんなわけで、勝手知ったる関係が基盤にあっての4人である。何も決めず2ステージを4人フルで集団即興をやろうか、とも考えたが、個人的にはUKの演奏をまだ聴いていないので聴いてみたかったし、Kei-Kさんは、私とMegさんのデュオをまだ聴いたことが無いというので、それぞれのデュオを前半のセットでやり、4人全員での演奏を後半のセットでやることにした。

UKはデュオとしてとても好ましい関係で演奏を展開したと思う。二人の即興演奏の志向性の差異は見えても、どこか奥深いところで共振し合っている感じを受けた。あまり頻繁にデュオをやっていないようだが、それは結果としていい関係を生んでいると思った。二人が一緒にやることで何かを共同で生み出すというような関係ではなく、相手がいることで自分がより自由に自己表現できる、つまり相手の存在を触媒として自己実現できる、というところがとても好ましい関係だと思う。私の説明ではUKの演奏のイメージの描けない人のためにあえて言うなら、多彩な技のソニーシャーロックと、日本人的情念をたぎらせるペーターブロッツマンのデュオみたいな感じだった。

続いて、シリーズ『After It’s Gone』を実践中のMeg+柳川デュオ。結構頻繁にデュオををやっているので、阿吽の呼吸なのだが、それを意図的に少しずらしてみる。そのことが新しいアンサンブルを生み出したように思う。ずれがあっても演奏中のどこかで、呼吸を合わせられるという信頼があるので、二人の演奏中の関係について「守・破・離」が自在にできる。

このあと、4人で一緒にやったのだが、Kei-Kさん独自の泣きのフレーズに自分もつい共鳴して同調して絡むと、ともすれば2本のアルトサックスが同じようなムードの吹奏になってしまうと懸念した。なので、あえて二人の吹奏に違いを出そうといろいろな対置の仕方を試みた。そこに多彩かつ饒舌なギターが割り込んで新しい局面を提示してくれる。ドラマーは、混沌とした演奏の中にあって、3人のうちの誰かを後押しして集団即興の展開に主導権を与えていく。このカルテットの即興は、なかなか多彩で立体的で面白かった気がする。

即興演奏の場合、何にも増して共演者との人間的関係が自己解放に影響すると思う。そういう点で、MUKの3人の間の信頼関係と、+1の立場の私を受け入れる3人のふところの広さのおかげで秀演になったのではないかと思う。

77402512_413472256223792_1564211721810214912_n

プレゼンテーション1

 

Review:TIO即興セッション#4

2019年11月16日(土) 大津 Baar Musica TIO

ホスト:柳川芳命as    Meg Mazaki ds

参加:山田さとしquena/鼻笛     井上和徳ts     伊藤誠ts     横井俊浩as

小松バラバラvo

後藤博g       西村靖博g      佐藤シゲルb     ムラヤマvl

シ・オ・ミds     Nabae ds/vo

今年の1月、6月、8月に引き続き第4回目のTIO即興セッション。毎回来てくれる参加者もいて、今回も10人を超えるメンバーで実施できた。しかも、滋賀県の方が定着してきたような感じで喜ばしいことである。

いつものように、Meg-柳川デュオのオープニングアクトに続き、来店者順に原則的に管・弦・打のトリオによる演奏を4セット。休憩をはさんで「この人ととやりたいorこの人とこの人を共演させたいリクエスト」をもとに、ホストの独断でデュオやトリオを編成して行った。リクエストについては「ホストにお任せ」という人もいるので編成には融通が利く。

以下、それぞれのセッションの写真(多くは小松バラバラ氏の撮影ものを使わせてもらった)とメンバー、私の独断コメントを載せさせていただいた。

次回のTIO即興セッションは2020年2月15日(土)19:00より。

スライド1

スライド2jpg

 

 

スライド3

 

 

 

Review: NOUS 第一回@海月の詩

2019年11月14日(木)名古屋今池「海月の詩」

NOUS:柳川芳命as  菊池行記electronics  小林雅典el-g

今年の9月7日に、特殊音楽バー「スキヴィアス」にて、このメンバーで一度やっている。その手ごたえから、継続的にやってみようということで、NOUS(ヌースと発音する)と名前を付けた。バンドにせよシリーズにせよ、名前を付けるということは、このメンバーで継続的に演奏活動していくことで何かしら音楽に発展性が期待できる、という仮説が立ったということである。

前回9月のときには、3人で3通りの組み合わせでデュオをやり、その後トリオをやったが、今回はバンドということもあり、2ステージとも3人で何も決めず、全即興でそれぞれ35分ほどやった。(個人的にあえて言えばセカンドセットのほうが)、いろいろな情景が走馬灯のように浮かんでは消えていくような変化のある演奏になったと思う。

録音を聴き返してみて、演奏中には気付かなかったことや音が多々発見できた。実に摩訶不思議な音楽である。電子音の無機質(ネガティブな意味ではない)な音の響き、幾何学的な音の形、ときに具体に聴こえる音の織目に、人間的・有機的・情動的なサックスの音、その両者の世界を行き来する電気ギターの音が絡みつく。いろいろな音の響きから受ける心象が目まぐるしく変わる。調和しているのだか、していないのだか、何とも捕らえ様のないコラージュになっている。反応し合っているのだか、関りを拒絶しているのだかよくわからない。この不可解さや違和感がいい。頭で理解できてしまう音楽は耳ざわりがいいだけである。3人のかかわり方は、演奏場面によって個々ばらばらだったり、2対1だったり、三位一体だったりする。聴く人はとても自由に聴ける、とも言える。バンドとしての音の全体像につかみどころの無さを感じるならば、誰かの出している何かの音だけを楽しんでもらえばいい。

フリーインプロヴィゼーションは、演奏の出来不出来の評価はメンバーによって違うものだと思う。(自分はこれまで演奏後に、今日の演奏の誰の何が良かったとか、悪かったとかいう反省会をしたことが無い。)反省はするが、それは自分がどうだったか?という自己評価でしかなく、自分以外のメンバーがどうだったかを考えたことがあまり無い。その人がいいと思って出した音なんだから、他人がとやかく言うものではないと思っている。その人の音に自分がどう対置したかということがむしろ反省点だと思う。こういう、いかにも個人主義的なところが、作曲されたものをメンバーでパートに分かれて再現演奏する音楽と違うところである。

ただ、決して共演者は誰でもいいというものでもない。自分の場合、たいていの人とは一緒に共演できる。(演奏以前の問題でその人との関わり方が難しい人は除くが・・・)しかし、一緒にやっていて何か波長が合うとか、つながりの深さを感じる人とは、おのずと共演回数は増える。ただ、何がそうさせているのかというのはよくわからない。

菊池さん、小林さんとは、何かわからないけど一緒に演奏していて、自分が次に出す音(それは無限にあるのだが)に示唆を与えてくれる。しかもその示唆は、社交辞令的常套句でないところがいいのである。いつもありきたりの相づちを打ってばかりの人との会話がつまらいように、ときに何を言い出すかわからないような人のほうが面白いのと同じである。これは集団即興演奏を会話に例えれば・・・、ということであって、二人が普段の会話において、突拍子もない支離滅裂なことを言い出す人では決してないことを申し添えます。誤解無きように・・・。

NOUSの次の演奏会は、来年1月11日に名古屋「海月の詩」で、4月25日に大阪の「難波ベアーズ」です。以後よろしくお願いします。

20191114NOUS@海月 - コピー