Blog

Review:pd+1/芳垣-Solborg-Donner-Toldam

2018年9月21日(金) TOKUZO (名古屋・今池)

■Mark Solborg(gt)+Axel Donner(tp)+Simon Toldam(p)+芳垣安洋(ds)

■pd<大森菜々(p)+酒井美絵子(ds)>+柳川芳命(as)

pdとの共演は、2年前の夏にインテルサットでやって以来である。そのときの演奏の録音は、今回のライブを企画をしてくれた千葉さんにも聴いてもらっているが、今回の演奏では幾分進化が見られたと評価してもらえた。確かにpdは、昨今レジェンド級ジャズミュージシャンとの共演経験から、演奏の幅がうんと広がったと感じる。最初5分程はpdだけの演奏で始めたが、静謐でリリカルな風景を描いているようで、とても美しかった。

力が付いてくると誰かと力比べしたくなる、速く走れるようになると誰かと競争したくなる、そういうのは人間の本能的な欲求なのだろう。トリオになってからの演奏は、パワーとスピードを競い合うことへの快感があった。しかし、それだけでは単なる音の運動会になってしまうので、加速と減速、緊張と弛緩、高揚と鎮静、挑発と慰安・・・・そういったコントラストを織り交ぜながら、30分強、カタルシスを味わってもらえる演奏ができたかな、と思う。

芳垣さんとデンマークからのインプロヴァイザーたちのカルテットは、pd+1とは対照的な、集団即興の在り方だった。pd+1は、どちらかというと武道のような接近戦を通して3人が収束していく感じだが、このカルテットは、共演者相互のコール&レスポンスとか、ストーリー性ある展開を意識するとかは横に置いて、パーソナルスペースが際立った個人の自由度の高い集団即興だった。抽象絵画のスライドショーを見ているようで演奏が映像となって脳裏に焼き付いていく。これはやはりヨーロッパフリーの特徴か?

2つのユニット、それぞれ対極的で、一口に即興音楽と言ってもいろんなアプローチがあることを楽しんでもらえたかなと思う。

pd+yanagawa

quartet

広告

Review:Invisible Colors #4

2018年9月19日(水)京都五条 パーカーハウスロールにて。

Meg Mazakiさんが企画するこのシリーズ4回目。今回は、地元京都で活動する和太鼓の富松慎吾さんを軸にメンバー編成をしてみようということになった。ローテクでプリミティブな太鼓に対極的な、ハイテクでカラフルな音響で空間を染め上げる松田和彦さんのエレクトリックギターの音を絡ませてみたいという好奇心と期待感から、Meg(ds)、富松(和太鼓)、松田(gt)、柳川(as) の四人編成で行うことになった。当日は、

①富松+柳川 ②松田+Meg+柳川 ③松田+富松 ④Meg+富松 ⑤4人全員

という5セットで。

太古の昔から人間はなぜ太鼓に魅了されてきたのか? その深く、太く、柔らかなパルスのうねりに、聴く者は体内で何かが目覚めるのに気づき、意識が高揚する何かが脳内で起きるのだろうか。太鼓が放つ呪術的な振動・うねりに巻き込まれながら、ドラムス、エレクトリックギター、サックスのそれぞれの音が徐々にトランス状態になり、意識の一線を越える音が飛び交う合奏となった。

やはり身体機能を駆使して放たれる音に、人間の本能は開花されていくのか。力強い行為から放たれる音にまちがいは無い。

フルメンバー

2018-09-20

 

Review:Free Improvisers from NY@tio

2018年9月17日(月・祝) 滋賀県大津市 Baar Musica tioにて。

■藤山裕子(pf) Reggie Nicholson(ds)  Duo  <from New York>

■柳川芳命(as)  Meg Mazaki(ds)  ”Heal Roughly”

※参加希望者との即興セッション

セッションにも参加してくれた小松バラバラさんのFBでのコメントを引用させていただきます。

素晴らしい夜だった。
オープニングアクトのHeal Roughlyは、勢いと溜めと噴火する音の連なりが、鉄の塊が障害のある坂道を火花をまきちらしながら転がっていくように感じられた。すごく活きのいい音で、聴いてて心身がスッキリした。
藤山裕子さんとReggie Nicholsonさんのデュオは、Reggieさんが築く大きなピラミッドの土台の上に、藤山さんが色んな形のスケルトンの構築物を築き上げていくような、立体的な演奏に感じられてかっこよかった。二人の築く即興に身を任せて酔わせてもらいました。
ありがとう‼️
後半のセッションも最高でした。音を楽しむこと、その原点を感じさせていただける熱い、音の波、波、波。すっかり、身も心も洗われました。
わたしもちゃっかり参加させていただいて、音波サーフィンさせていただきました🏄‍♂️
藤山さんとデュオもさせていただいたのですが、音を一つづつ置いていく演奏は普段あまりできていないので超刺激的でした。

一緒に熱い夜を体験してくださったみなさん、ありがとうございました‼️
滋賀をなめてたのを反省。

と、栗東に住む小松バラバラさんの郷土愛も深まるセッションでした。セッションに参加してくださった方々、楽しんでいただけたようで何よりです。ありがとうございました。会場のtioのアナログ感溢れる音響がとてもよく、サックスの音がクリアでしかも柔らかい響きでした。

藤山さんとNicholsonさんの演奏は、清廉で崇高さをも感じる音、気負いのない自然体の即興、ヒューマニズムに満ちた聴き手の心に響く音楽でした。共演できて良かったと思いました。

tio

2018-09-18

 

 

 

Review:宮本隆×Meg×柳川芳命@ゼロゲージ

2018年9月9日 大阪・桜川 Environment 0g  (zero-gauge)

対バン Trespass Trio(from北欧)

この3人の組み合わせは初めてである。シリーズHyper Fuetaico~Heal Roughlyで共演しているMeg Mazakiさんと宮本さんとは、さほど共演歴は無い。宮本さんと柳川は、7月にもここゼロゲージでデュオをやっており、かれこれもう5~6回は一緒にやっている。

宮本さんのベースには、「何となく低音域に自分が包み込まれているな」という感覚から、知らぬ間に「神輿を持ち上げられて、いい気分で演奏させてもらっている」という感覚にさせていく不思議なマジックがある。録音を聴き返してみると。演奏中には気づかなかったいろいろなアプローチで盛り立てられ、攻められていることに気づく。ベーシストらしさというのは、こういうところに現れるのかな?と思った。

Meg Mazakiさんのドラミングは、斎藤聡さんが評した「覚悟を決めたフリーフォールのごときドラミング」のとおり、全身全霊で音を体現していく。最近はその音の重量感が増し、改めてドラム演奏へのアプローチに覚悟をもって臨んでいるなと感じる。「原音楽」というべき念が聴き手を圧倒する。

約35分ほどの演奏の中に、ベースのソロ、サックスとドラムのデュオ、ベースとドラムのデュオなど、作為的でなく自然な成り行きで場面転換するインプロビゼーションだったので、3人でいろいろな音像を描き出せたと思う。さして細かい打ち合わせがなくとも、こういう展開が即興で組み立てられるのは、音によるコミュニケーションができるってことかなあ。

ゼロゲージ宮本トリオ

Review:柳川芳命+藤田亮@酒游舘

2018年9月8日(土)酒游舘にて。対バンはpd(大森菜々+酒井美絵子)

藤田さんといつ頃から一緒に演奏をし始めたか?ちょっと記憶も曖昧になってきているので、過去帳から整理してみた。

2015・3・30 East Seed(坂野嘉彦/樽本里美/山田聡/柳川芳命)+藤田亮 バレンタインドライブ

2015・7・28 藤田亮+East Seed+ガイ バレンタインドライブ

2016・9・7 藤田亮+新井田文悟+柳川芳命(赤心三重奏)なんや ※CD「柳川芳命2016」に収録

2016・11・30 藤田亮+柳川芳命 須郷史人+野道幸次 DJ F×U×K バレンタインドライブ

2017・2・25 藤田亮ソロ 照内央晴ソロ Hyper Fuetaico(Meg+柳川)酒游舘

2017・3・2 山田聡+藤田亮+柳川芳命(即興渡世三世代) 難波屋

2017・5・31 藤田亮ソロ (群れない奴らが群れる夜) K.D.ハポン

2017・8・23 藤田亮+奥堀博史+柳川芳命 なんや

2017・11・10 青木智幸+藤田亮+柳川芳命 ムジカジャポニカ

2017・11・30 藤田亮+柳川芳命 難波屋

2017・12・7 藤田亮+柳川芳命 伊藤誠+宮部らぐの  Zac Baran

2018・5・19 藤田亮ソロ 川島誠ソロ Heal Roughly(Meg+柳川)酒游舘

2018・5・31 藤田亮+柳川芳命(無頼派即興二重奏) 難波屋

2018・6・9 藤田亮ソロ(Solo Ascension) バレンタインドライブ

2018・7・25 藤田亮+柳川芳命 MU(Take-Bow+Meg)DJ F×U×K バレンタインドライブ

藤田氏とは近年デュオでの形態が多くなった。それぞれが独立してソロ演奏も行っているので、補い合うとか、サポートし合うとか、共同で創造するとかいう感覚で行うデュオはなく、自分にとって良い演奏をするための触媒として相手の音がある、というような関係のデュオである。

柳川+藤田デュオとして、初めて酒游舘で行った。二人ともお世話になっているオーナーの西村さんに演奏を聴いてもらえるのも嬉しいことである。音量的にもMAXまで出し切れるこのスペースは、深い残響があることもあって、自分の音に酔うところがある。その音に(決して自分の音が良いと言うわけではないが)とり憑かれてしまいがちである。気を付けないと抑制のきかない演奏になることもある。

この日も本番の演奏では、吹いていて何かが降りてきたような、あるいは酒游舘に潜む魔物にとり憑かれたかのような場面があった。猛り狂うシンバル音、ヒステリックなフラジオの音が、降霊のための儀式の興奮を誘発する。

藤田+柳川デュオで音源を残すためには格好のスペースである。プレイバックしてお互い満足いけば音源としてこの日の演奏をリリースしようと思う。

fujita yanagawa photo kina

 

 

 

 

 

 

 

Review:Heal Roughly with 加藤雅史@GHOST V

Heal Roughly は、私とドラマーMeg Mazakiさんとの即興デュオシリーズだが、このフォーマットに共演してみたい奏者を「+1」という形で招いてときどき演奏会を行っている。過去には、奥村俊彦(p)さん、Take-Bow(g)さん、照内央晴(p)さん、新井田文悟(el-b)さん、佐藤シゲル(el-b)さん、そして今回の加藤雅史(contrabass)さん。

(Heal Roughly名義ではないセッションとしては、宮部らぐの(g)さん、クリストファーフライマン(tp)さん、小松バラバラ(vo)さん、武藤宏之(electronics)さん、マツダカズヒコ(g)さん、哲太陽(el-b)さんなどがいる。近く宮本隆(el-b)さんとも行う。)

できるだけ傾向の異なる即興演奏者に共演をお願いしてきた。今回の加藤雅史さんは名古屋ジャズ界では出演(共演)オファーの多いコントラバス奏者で、女性ジャズボーカルのバックからフリーインプロビゼーションまで、オールラウンドにこなされる方である。そのキャリアは実に豊かである。それだけ、柔軟で受容力が高く、安定感があり、ときにハッとさせる緊張感も共演者に与えてくれるコントラバス奏者であるということだと思う。何よりもその人柄同様の温かい音色が魅力である。Heal Roughlyに加わってもらうことで、何かを加藤さんの演奏から得たいという気持ちが強かった。

コントラバスは、サックスとドラムセットの発する音量とは落差がある。加藤さんは、アンプにつないでもコントラバスの最良の音を出せる範囲でしかレベルを上げない。かつてのセッションのリハで「これ以上上げればエレキベースのような音になってしまう」とアンプのボリウムを制限されたことがある。同じようにサックスにしても、ここまで息を入れないとリードが良く鳴ってくれないというレベルがある。ドラムセットも同じであろう。今回は、そういった各楽器のもつ「鳴り」のベストレベルの違いを生かしあいながらの合奏ができたかなと思う。蚊の鳴くようなささやかな音から、路上を歩く通行人が何事かと店内を覗き込むような激音までのダイナミズムを創り出せた点でも、これまでのHeal Roughlyに無い収穫だったかな。

まあ、その演奏会の全てミニマムな音量で終始演奏し続ける、ということもチャレンジする価値はあるが、それはあまりにストレスが溜まりそうで、未だかつてやったことはない。

kato1

meg3

yana1