Blog

Review:柳川+Meg/川島誠/藤田亮@酒游舘

20180519酒游舘新譜ジャケMeg Mazakiとのデュオシリーズ「Hyper Fuetaico」や「Heal Roughly」は、何回か酒游舘でもやらせてもらった。最近になって演奏する意識と行為とがかなり一体化してきたように思う。心理的なゆとりからくるのだろうか、あるいは共演者へ信頼感からくるのだろうか、ときに「溜める」とか「じらす」とか「待つ」とかいった制御をしながら、互いの距離を自在に伸縮して音を重ね合えるようになってきた(かな?)。

川島誠さんのアルトサックスソロでまず感じたのは、音の重量感と強さが一層増したことだった。呼吸が深くなったのだろうか。激しく吹いてもヒステリックにならず、柔らかく温かささえ感じさせる。様々なサウンドシーンを繰り広げ、徐々に惹きこんでいく展開もよかった。情緒過剰でウエットになりすぎないほのかな香りを放つエレジーのようで魅力的だった。

藤田亮さんのドラムソロは、これまでリリースされた音源(CD)でもライブでも、その時その時で受ける印象が異なる。絶えず未知のものを探り出す研鑽をしているのだろう。この日も、こういう打楽器演奏はどこから来るのか?という出自不明な演奏で、異界に連れて行かれそうな気持で聴いていた。シャーマンのような集中力で紡ぎ出されるシンバルや太鼓の演奏は、精選され、凝縮され、それでいて熱量を放出し、冗長になることなく完結した。

fujita32921722_2074685566137706_7191273256492466176_nkawashima

 

広告

Review:松原臨(ss)+富松慎吾(大太鼓)+柳川

既に出来上がっているものを再現する音楽ではなく、その場その場で創造する即興音楽にとっては、「場・空間」が演奏に与える影響が大きい。ちょっとした体育館ぐらいある「蔵元・藤居本家」2階の「欅の間」の会場は、空間的な広がりから残響も多く、出した音と跳ね返ってくる音との対話ができるので、せかせかと空間を音で埋めようという気にならないのがいい。演奏に「溜め」が効く。そこへもって、富松氏の直径1メートル以上もある大太鼓の大音響、松原氏の朗々と歌い上げるソプラノサックスとの共演となれば、なおさら雄大なスケールで音を出そうという気になる。

富松氏のソロは、会場の床の上で大の字で寝転んで鑑賞させていただいた。太鼓の振動が体中に伝播し、リラクゼーションになった気がした。至福のひとときであった。スティーブレイシーがジャズ評論家の故・間章(あいだあきら)氏へのレクイエムとして作った「Blues for Aida」を、松原氏がシンプルに演奏するのを聴いていると、コンセプトの先走りとか、曲芸的なテクニックとかで聴く人を圧倒しようという心根が、いかにいやらしいことであるかを思い知らされる。奇をてらうことをやって注目を惹こうなどどいう姑息な考えに陥らないようにしたいものである。trio 1matsubara tomimatsu 1yanagawa tomimatsu 2

Review:野道幸次(ts)+柳川芳命(as)@なんや

サックスのデュオで1stステージ39分、2ndステージ45分、それぞれ完全即興で1曲ずつ、という演奏会は、聴きに来てくれているお客さんへの配慮に欠けていたかもしれない。が、幸いこの日のお客さんは、百戦錬磨のリスナーや、かつて我々と一緒にプレイしていた即興ギタリストだったので、ついお客さんの気持を忘れ、奏者同志で納得いくまで吹き続けた。

何も決め事のない即興で、こんなに演奏が長く続けられたのは、野道幸次さんと自分とが、お互いのゆるぎない「磁場」をもち、対等な立場に立って、相手に迎合するのではなく、自分の演奏を全うしようという構えで臨んだためであろう。

我々は、「相手からの音がこう来たら、こう返す」といったような音の物理的なレベルで反応するのではなく、言わば「シンクロナイズド・ソロ」というような、それぞれが自分のサックス演奏の展開に主眼を置きつつ、互いに時空間を共有しながら演奏していることを意識して、演奏への深層レベルで共演したいと考えた。

かつて野道さんと、ギターの小林雅典さん、ベースの佐藤シゲルさん、ドラムの坂田こうじさん、私とで、即興集団「四夷(しい)」として何回か即興演奏会を行ったことがある。そのとき考えていたのは、「集団によるアンサンブルを支え、貢献するためのメンバー個人の演奏」ではなく、「メンバー個々の演奏がより自由になれるよう助長する集団」として、この「四夷」は在りたいということだった。

その考えは、この日の野道さんと私のデュオにも言える。いわゆるコール&レスポンスのように絶えず向かい合っているようなデュオではなく、それぞれが自分の描きたいように音を時空間に描く自由を認め合い、保証しあうデュオ、というスタイルに具現されていた。一聴して、ふたりがバラバラに聴こえるようなところもあるが、決して無視しているわけではない。「同じような吹き方」で合わせようとしなかっただけである。

今回、ふたりがそういう自由度の高い距離感で臨んだからこそ、約40分間、何の苦も澱みも無く吹き続けられたのだと思う。

2018-11-5--19-51-43

 

Review:向井千惠+柳川芳命@Zac Baran

ロングランのシリーズで主宰している「即興表現ワークショップ」や、もう40年ほど活動を持続させている「シェシズ(ロックバンドなの?)」でおなじみの向井千惠さんと、40~50分間、じっくり向き合えた即興のデュオだった。

個人的な向井さんとのかかわりをたどってみた。

  • 1982.7.14  水上旬さん主宰の集団即興演奏会「Head Gears」にて、豊田市民文化会館で出会う。初共演。総勢11人による大会場での集団即興なので、共演したという意識は薄い。
  • 1990.4.22 今は無くなった今池の「オープンハウス」で共演。他に大友良英さんや広瀬淳二さんも出ていた。
  • 1990.12.16 名古屋の「EDラボ」という旧官舎(郵便局?)を改装したスペースにて、ディスロケーション(岡崎・木村・清川・柳川)と共演。古田一晴さんもいたかな。
  • 1994.2.12 「大阪造形センター」でのイベントにそれぞれ出演(一緒に演奏はしていない)。この日は「ディスロケーション」で参加する予定だったが、大雪のため他のメンバーが移動できず、自分は個人参加でテナーサックスソロをやる。向井さんとの共演は無かった。
  • 1998.7月か9月(?) 名古屋鶴舞の「デイトリップ」にそれぞれ出演。向井さんはソロ。自分はサマーディで参加。
  • 1998.12.26 西荻窪の「ウェンズスタジオ」で行われた向井さん主宰の第1回「パースペクティブエモーション<透視的情動>」に、岐阜の河合渉(gt,vo)さんと共に招かれ参加。自分はソロをやった。
  • 1999.6.5 名古屋「TOKUZO」で、桑山清晴さん主宰のライブで、向井さんとデュオ。
  • 2007.5.6 六本木「スーパーデラックス」でのクリストフシャルルも参加していたライブイベント<即興的遊泳>に招かれて出演。向井さんとも一緒にやったと思う。
  • 2016.5.2 心斎橋「BASSO」にて「パースペクティブエモーション」に招かれ参加。くじ引きの組み合わせでは、向井さんと演奏する機会は無かった。(余談だが、この日に後のリリカルバンビの俊山晶子さんや宮本隆さんたち大阪の方々と会った。)
  • 2016.8.26 名古屋「バレンタインドライブ」にて、自分が主宰した即興演奏会「残炎の候」に向井さんを招く。他に七感弥広彰さん、樽本里美さん。
  • 2018.3.9 名古屋「バレンタインドライブ」にて、「此の四人」(松田、近坂、鷲見、柳川)の演奏会に、対バンとして向井さん、宮本隆さん、一談さんのトリオを招く。最後に交流セッションで向井さんとも共演。

向井さんと初めて出会った82年の「Head Gears」は、午後からワーキングシンポジウム、夜にコンサートという2部構成で行われるという画期的なものだった。シンポジウムは即興について自由に演奏もしながら言葉による意見交換する場として設営された。そのときに、「私はサックスという楽器を使って即興を行っている。今はまだ楽器の扱いを自由自在にはできないので、偶然のように音が出てしまっている部分も多い。が、いずれ演奏技術が身に付き、楽器を制御できるようになれば、偶然に音が出てしまうことは減るだろう。それに対して、エレクトロニクスのような機材で音を出す人は、そのあたりの偶然性のコントロールをどのようにしているのか?機材操作において、「出そうとする音」と「出ている音」との一致はどれぐらいなのか?」という質問をした。

この質問に対する明確な回答は、(確か)無かったと思う。しかし、向井さんが「私も即興演奏の中で、偶然的に出る音と、自分がコントロールして出す音の両面のかかわりについては、とても興味があります。」と言われたことを今でも覚えている。以来、自分は、向井さんの即興に対する姿勢にいつも関心と共感を持って見ている。これからもそれは続くだろう。

mukai+yanagawa 1

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

Review: ysm@jazz GHOST V(岐阜)

曲とかテーマのある演奏をやらないので、レパートリーというものが我々ysmには無い。3人で同時に何も決めず即興演奏を始めることが多いが、この日は、メンバーそれぞれが演奏の方向性を提示する、ということで、Bassソロから始めるトリオ、Drumsソロから始めるトリオ、Saxソロから始めるトリオ、というやり方を試みた。どういう順番でその3曲をならべるか、というステージ構成とか、前にやった曲がどういう終わり方をしたかで、次のソロをどんな感じでやるかは、各自の判断による。そこには臨機応変さが求められる。なので「こういうソロをやろう」と前もって考えてきたことをやればいい、というわけにはいかないのである。

ysmの演奏のエンディングはわかりやすい。わかりやすくしないと3人で終わることが難しい。テーマのあるようなジャズ(フリージャズ)であれば、テーマが出ればそれが終わりの合図でもある。なので、エンディングはスッキリきまる。我々のようにそういうテーマの無い即興であれば、「みなさん、もうそろそろ演奏を終わりませんか?」という意思表示を、誰かが音で発信しないといけない。それを他の奏者が察知して、「ああ、終わろうとしているんだな。ならば私も終わる準備をしよう」とコミュニケーションが成立し、全員がその気になったときにめでたく演奏は終わるのである。我々はアイコンタクトとかで展開の指示を出すことを好まない。

我々演者の間で「あ、終わるな」ということが伝わるということは、たいていの場合、観客にも伝わる。「あ、終わるな・・・あ、終わったわ・・・やっぱり終わったな」という聴衆の感覚は、ある種の納得・満足感からカタルシスに導きやすい(と思う)。「あれ、終わったの?拍手していいの?」という迷いが残る演奏もあって良いし、そのほうが自然であるとも言えるが、なんとなくスッキリしない。人前でお金をいただいて演奏する以上、演奏を聴いて何らかのカタルシスを味わってお帰りいただきたいのである、私は。

そのおかげでか、アンコールが来た。ありがたい。全力疾走で2分強やらせていただいた。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

Review : ysm即興演奏×青木磨美展

岐阜の柳ケ瀬と言えば、自分が学生の頃にはとても賑わっていた、いわゆる「繁華街」だったが、その後、さまざまな経済事情ですっかりさびれてしまった。その再興の動きとして、シャッターの降りた商店街の一角に「やながせ倉庫」という廃墟となった倉庫を手作りで改築した空間ができた。「ビッカフェ・Bicafe」は小物や古本なども販売しているカフェで、何やら意表を突く面白い企画もやっており、ここなら創造的なことが出来そうだと思い、今回、即興音楽と彫刻作品の展示という企画を行った。

ysm(ベース:鷲見雅生、ドラムス:木全摩子、サックス:柳川)は、2016年春からスタジオセッションを定期的に重ねてきた完全即興のトリオで、みな岐阜県民である。かつて自分が演奏活動を始めた1980年には、こういったフリーミュージックというか即興演奏をやるような場所も、共演者も、リスナーも、協力者も岐阜には皆無だった。なので、数回ギャラリーを借りてソロで自主コンサートをやった後、岐阜をあきらめ、名古屋で活動するようになった。それが36年経って、岐阜にも即興演奏をやろうという若い世代が現れた。自分とは親子ほど年の離れた若いドラマー、ベーシストと継続的ユニットを組んでみた。自分の中に眠っていた郷土愛が目覚めたのだろうか?「前衛的音楽不毛の地・岐阜」という(自分の中の)イメージを塗り替えてやろという(だいそれた)気持ちが、岐阜産の即興音楽というものをこのysmの活動で発信して見返してやろうとしているのかもしれない。

何の音楽的な約束事も、曲のテーマも、演奏の共有イメージも排除した完全即興演奏を始めてまだ年月浅い二人とのトリオであるが、やっていくうちに何か生まれるだろうという楽観的な展望で活動している。二人とも旺盛にいろいろなものを取り入れているし・・・。

この日の演奏も、「どういう方向に音楽が流れて行くのか?」「共演者それぞれがどんな展開にしようとしているのか?」「自分が導いていきたい方向を、どういうふうに共演者に音で示していけばいいか?」など、探り合いながら、駆け引きしながらのスリリングな演奏になった。メンバーそれぞれが「新しいことを今日の演奏に取り入れてみよう」とか、「今までの常套句に縛られないようにしよう」と考えて臨むので、なおさら手の内が読めなくなる。「いつもならここでこういう反応が返ってくるはずだが・・・」という予測が次々と裏切られていく。これは、3人のアンサンブルを安定させていこうとする流れにとってはリスクが大きい。まとまらなければ演奏は崩壊する。反面、「それはトリオの演奏が新しい地平に足を踏み入れた証ではないか?」とも言える。最初から「自分たちはこういう音楽をやろう」というイメージの共有をせずにスタートしたユニットなので、きっといつまでたっても彷徨い続けることだろう。そういうのも悪くないと思う。即興演奏なのだから。

IMGP2735.JPG

 

 

 

5月5日 新譜”Heal Roughly”リリース

(あくまで私に関してですが)即興演奏者が音源をCD等でリリースする際、ロングセラーなどは視野にありません。即興演奏は、本来、同じ時間と場所を共有する奏者と聴衆の間でこそ生命力を発揮する音楽と心得ます。

しかしながら、演奏現場に立ち合えない人もいるわけで、演奏現場から音だけを引きはがして収録した音源であっても、試聴していただけるならばそれは嬉しい事です。そう思ってこのように音源を出している次第です。

ドラムスを演奏するMeg MAZAKIと昨年夏に立ち上げた自主レーベルDual Burstから、このたび3枚目のCDをリリースします。このレーベルは「少量・頻発・手作り・低価格・直接販売(通信販売も有)」「再発なし」をモットーにしています。録音された即興演奏の賞味期限は短いと思います。昨日の演奏は(たとえどんなに良くても)今日の演奏(どんなにひどくても)に比べれば色あせたものになると思っています。大量にCDを製作して何年もかかって販売していると、演奏者自身がその音源が過去の遺物としてしか感じなくなってしまいます。1年も2年も前に録音したCDを演奏会場に持ち歩き、展示しても、実のところはまったく販売意欲は失せてしまっています。そこで少量を頻繁にリリースすることで、鮮度が命である即興演奏を旬の時期に聴いていただきたいと思っています。

今回はとりあえず50枚製作しました。演奏会場での手売り、あるいはご連絡いただければ郵送いたします。その際、代金と送料の振込み方法ついては個別に連絡させていただきます。

本アルバムHeal Roughlyは、昨年秋から始めたMeg MAZAKIとのデュオのシリーズです(ユニット名ではありません)。内容についての解説は、先入観を与えてしまいますので差し控えますが、アルトサックスとドラムスの完全即興二重奏、ということです。

宣伝表

 

2018-04-25 (3)